筆順(書き順)どおりに書けば筆の運びが自然で美しく整った字の形に書くことができます。
[スポンサーリンク]

部首の画数別一覧( 4 画)

※「部首」とは、漢字の字書で、漢字を字画構成に従って部分けをし、各部ごとにその共通要素である字形を頭に示して索引の用に当てたものです。
この字形には、漢字のパーツを意味する「偏旁冠脚」(へんぼうかんきゃく)が含まれており、部首の中には、当該名称を部首名とするものもあるため、「部首」と「偏旁冠脚」を混用しないよう注意する必要があります。
だいのまげあし
こころ、りっしんべん、したごころ
ほこ、ほこづくり
と、とかんむり、とだれ
て、てへん
しにょう、えだにょう
ぼくづくり、ぼくにょう、のぶん
ぶん
とます、と
おの、おのづくり
ホウ、ほうへん、かたへん
なし、むにょう、すでのつくり
ひ、ひへん、にちへん、にち、ひらび
ひらび
つき、つきへん
き、きへん
あくび
とめる、とめへん
がつへん、かばねへん、いちたへん
ほこづくり、るまた
なかれ、はは
ならびひ、くらべる
うじ
きがまえ
みず、さんずい、したみず
ひ、ひへん、れっか、れんが
つめ、そうにょう、つめかんむり
ちち
コウ
ショウ、しょうへん
かた、かたへん
きば、きばへん
うし、うしへん
いぬ、けものへん
たま、たまへん、おうへん
あみめ、あみがしら、よんがしら
おいる、おいかんむり
にく、にくづき
くさ、くさかんむり
しんにょう、しんにゅう

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順(書き順)」です。
ここでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

[スポンサーリンク]

日本漢字能力検定を受験される方へ

採点基準」をご参照ください。

日本漢字検定協会が出版する参考書:
  漢検 漢字辞典 第二版漢検要覧 2~10級対応漢検要覧 1/準1級対応

管理者運営サイト

漢字の正しい書き順(筆順)のFacebookページです。更新情報など。
2017年8月21日更新 7528文字収録
[スポンサーリンク]
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く