「乙」の書き方

[スポンサーリンク]
乙

音訓(読み): オツ、イツ[常用外]、おと[常用外]、きのと[常用外]

ポイントなど:
一画なので、バランス良く書きましょう。
「乙種(オツシュ)」、「乙女(おとめ)」、「甲乙(コウオツ)」、「甲乙丙(コウオツヘイ)」、「甲乙丙丁(コウオツヘイチョウ)」、「早乙女(さおとめ)」、「不乙(フイツ)」
「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」は「十干(ジッカン)」です。読みは「コウ オツ ヘイ テイ ボ キ コウ シン ジン キ」、または、「きのえ きのと ひのえ ひのと つちのえ つちのと かのえ かのと みずのえ みずのと」です。

書体による違い
乙夜之覧 (いつやのらん)
越鳧楚乙 (えつふそいつ)
甲論乙駁 (こうろんおつばく)
張甲李乙 (ちょうこうりいつ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>