「反」の書き方

[スポンサーリンク]
反

音訓(読み): ハン、ホン、タン、そ(る)、そ(らす)、かえ(す)[常用外]、かえ(る)[常用外]、そむ(く)[常用外]

ポイントなど:
横線を書いてから、「ノ」、「又」です。
「違反(イハン)」、「核反応(カクハンノウ)」、「反映(ハンエイ)」、「反応(ハンノウ)」、「反射鏡(ハンシャキョウ)」、「反省(ハンセイ)」、「反対(ハンタイ)」、「反物(タンモノ)」、「反乱(ハンラン)」、「謀反(ムホン)」、「造反(ゾウハン)」、「反故(ほご)」、「背反(ハイハン)」、「反意語(ハンイゴ)」、「反旗(ハンキ)」、「反響(ハンキョウ)」、「反撃(ハンゲキ)」、「反抗(ハンコウ)」、「反骨(ハンコツ)」、「反作用(ハンサヨウ)」、「反射(ハンシャ)」、「反則(ハンソク)」、「反目(ハンモク)」、「離反(リハン)」、「床反(とこがえり)」

書体による違い
暗闘反目 (あんとうはんもく)
帰真反璞 (きしんはんはく)
帰正反本 (きせいはんぽん)
求栄反辱 (きゅうえいはんじょく)
挙一反三 (きょいちはんさん)
言行相反 (げんこうそうはん)
挙一反三 (こいちはんさん)
嫉視反目 (しっしはんもく)
慈烏反哺 (じうはんぽ)
造反無道 (ぞうはんむどう)
造反無理 (ぞうはんむり)
造反有理 (ぞうはんゆうり)
輾転反側 (てんてんはんそく)
撥乱反正 (はつらんはんせい)
反間之計 (はんかんのけい)
反躬自省 (はんきゅうじせい)
反躬自責 (はんきゅうじせき)
反躬自問 (はんきゅうじもん)
反逆縁坐 (はんぎゃくえんざ)
反抗憤怒 (はんこうふんぬ)
反行両登 (はんこうりょうと)
反顧之憂 (はんこのうれい)
反首抜舎 (はんしゅばっしゃ)
反聴内視 (はんちょうないし)
反哺之孝 (はんぽのこう)
反哺之心 (はんぽのこころ)
反哺之羞 (はんぽのしゅう)
反面教員 (はんめんきょういん)
反面教師 (はんめんきょうし)
反目嫉視 (はんもくしっし)
報本反始 (ほうほんはんし)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>