「火」の書き方

[スポンサーリンク]
火

音訓(読み): カ、ひ、ほ、コ[常用外]

ポイントなど:
左、右、「人」の順です。
「火影(ほかげ)」、「火炎(カエン)」、「火花(ひばな)」、「火蓋(ひぶた)」、「火災(カサイ)」、「火山灰(カザンバイ)」、「火成岩(カセイガン)」、「火薬(カヤク)」、「花火(はなび)」、「行火(アンカ)」、「消火栓(ショウカセン)」、「耐火(タイカ)」、「炭火(すみび)」、「点火(テンカ)」、「灯火(トウカ)」、「発火(ハッカ)」、「噴火(フンカ)」、「烈火(レッカ)」、「愛火(あいか)」、「遠火(とおび)」、「火急(カキュウ)」、「火元(ひもと)」、「火達磨(ひだるま)」、「火燵(こたつ)」、「不知火(しらぬい)」、 「小火(ぼや)」

書体による違い
遠水近火 (えんすいきんか)
火牛之計 (かぎゅうのけい)
隔岸観火 (かくがんかんか)
火樹銀花 (かじゅぎんか)
火上澆油 (かじょうぎょうゆ)
火上注油 (かじょうちゅうゆ)
火宅之境 (かたくのさかい)
火宅之門 (かたくのもん)
火中取栗 (かちゅうしゅりつ)
活火激発 (かっかげきはつ)
篝火狐鳴 (こうかこめい)
膏火自煎 (こうかじせん)
敲氷求火 (こうひょうきゅうか)
敲氷索火 (こうひょうさくか)
三界火宅 (さんがいのかたく)
三車火宅 (さんしゃかたく)
集中砲火 (しゅうちゅうほうか)
薪尽火滅 (しんじんかめつ)
新涼灯火 (しんりょうとうか)
水火無情 (すいかむじょう)
星火燎原 (せいかりょうげん)
対岸火災 (たいがんのかさい)
地水火風 (ちすいかふう)
電光石火 (でんこうせっか)
灯火可親 (とうかかしん)
刀耕火種 (とうこうかしゅ)
刀耕火耨 (とうこうかどう)
風前灯火 (ふうぜんとうか)
風林火山 (ふうりんかざん)
負薪救火 (ふしんきゅうか)
赴湯蹈火 (ふとうとうか)
抱薪救火 (ほうしんきゅうか)
燎原之火 (りょうげんのひ)
燎原烈火 (りょうげんれっか)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>