「辺」の書き方

[スポンサーリンク]
辺

音訓(読み): ヘン、あた(り)、べ、ほとり[常用外]

ポイントなど:
「刀」から書き始めます。
「海辺(うみべ)」、「岸辺(きしべ)」、「机辺(キヘン)」、「周辺(シュウヘン)」、「浜辺(はまべ)」、「辺境(ヘンキョウ)」、「炉辺(ロヘン)」、「奈辺(ナヘン)」、「那辺(ナヘン)」

書体による違い
応用無辺 (おうようむへん)
形容辺幅 (けいようへんぷく)
広大無辺 (こうだいむへん)
山海辺土 (さんかいへんど)
修飾辺幅 (しゅうしょくへんぷく)
身辺雑事 (しんぺんざつじ)
粟散辺州 (ぞくさんへんしゅう)
粟散辺地 (ぞくさんへんち)
粟散辺土 (ぞくさんへんど)
長安日辺 (ちょうあんにっぺん)
風月無辺 (ふうげつむへん)
武骨一辺 (ぶこついっぺん)
無骨一辺 (ぶこついっぺん)
辺地粟散 (へんちぞくさん)
辺幅修飾 (へんぷくしゅうしょく)
無辺無礙 (むへんむげ)
無量無辺 (むりょうむへん)
炉辺歓談 (ろへんかんだん)
炉辺談話 (ろへんだんわ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>