「本」の書き方

[スポンサーリンク]
本

音訓(読み): ホン、もと

ポイントなど:
「木」に横線です。
「何本(なんぼん)」、「絵本(エホン)」、「旗本(ハタモト)」、「脚本(キャクホン)」、「資本(シホン)」、「抄本(ショウホン)」、「生一本(きいっぽん)」、「拓本(タクホン)」、「唐本(トウホン)」、「謄本(トウホン)」、「読本(ドクホン)」、「日本髪(にほんがみ)」、「標本(ヒョウホン)」、「本家(ホンケ)」、「本旨(ホンシ)」、「本質(ホンシツ)」、「本籍(ホンセキ)」、「本尊(ホンゾン)」、「本店(ホンテン)」、「本部(ホンブ)」、「本俸(ホンポウ)」、「本邦(ホンポウ)」、「本望(ホンモウ)」、「本末(ホンマツ)」、「本名(ホンミョウ)」、「本来(ホンライ)」、「本棚(ホンダナ)」、「教本(キョウホン)」、「基本(きほん)」、「本命(ホンメイ)」、「日本(にほん)」、「熊本(くまもと)」、「日本武尊(やまとたけるのみこと)」

書体による違い
安土恋本 (あんどれんぽん)
一本調子 (いっぽんぢょうし)
往生本懐 (おうじょうのほんかい)
王法為本 (おうぼういほん)
帰家本能 (きかほんのう)
紀事本末 (きじほんまつ)
帰正反本 (きせいはんぽん)
帰巣本能 (きそうほんのう)
舎本事末 (しゃほんじまつ)
舎本逐末 (しゃほんちくまつ)
出世本懐 (しゅっせのほんがい)
推本溯源 (すいほんさくげん)
大本晩成 (たいほんばんせい)
他力本願 (たりきほんがん)
追本究源 (ついほんきゅうげん)
敵本主義 (てきほんしゅぎ)
抜本塞源 (ばっぽんそくげん)
報本反始 (ほうほんはんし)
本覚真如 (ほんがくしんにょ)
本覚大悟 (ほんがくたいご)
本地垂迹 (ほんじすいじゃく)
本地垂迹 (ほんちすいじゃく)
本末転倒 (ほんまつてんとう)
本来面目 (ほんらいのめんもく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>