「氷」の書き方

[スポンサーリンク]
氷

音訓(読み): ヒョウ、こおり、ひ、こお(る)[常用外]

ポイントなど:
中央の縦線から書き始め、左のテン、「フ」、「ノ」、はらい、です。
「結氷(ケッピョウ)」、「砕氷(サイヒョウ)」、「氷雨(ひさめ)」、「氷山(ヒョウザン)」、「氷点(ヒョウテン)」、「流氷(リュウヒョウ)」

書体による違い
一片氷心 (いっぺんのひょうしん)
一片氷心 (いっぺんひょうしん)
夏虫疑氷 (かちゅうぎひょう)
瓦解氷消 (がかいひょうしょう)
画脂鏤氷 (がしろうひょう)
月下氷人 (げっかひょうじん)
敲氷求火 (こうひょうきゅうか)
敲氷索火 (こうひょうさくか)
虎尾春氷 (こびしゅんぴょう)
青藍氷水 (せいらんひょうすい)
雪魄氷姿 (せっぱくひょうし)
煎水作氷 (せんすいさくひょう)
凋氷画脂 (ちょうひょうがし)
滴水成氷 (てきすいせいひょう)
天淵氷炭 (てんえんひょうたん)
凍解氷釈 (とうかいひょうしゃく)
伐氷之家 (ばっぴょうのいえ)
氷甌雪椀 (ひょうおうせつわん)
氷肌玉骨 (ひょうきぎょっこつ)
氷壺秋月 (ひょうこしゅうげつ)
氷散瓦解 (ひょうさんがかい)
氷姿玉骨 (ひょうしぎょっこつ)
氷姿雪魄 (ひょうしせっぱく)
氷消瓦解 (ひょうしょうがかい)
氷清玉潤 (ひょうせいぎょくじゅん)
氷清玉潔 (ひょうせいぎょっけつ)
氷炭相愛 (ひょうたんそうあい)
履霜堅氷 (りそうけんぴょう)
鏤氷雕朽 (ろうひょうちょうきゅう)
鏤氷描水 (ろうひょうびょうすい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>