「目」の書き方

[スポンサーリンク]
目

音訓(読み): モク、ボク、め、ま、まなこ[常用外]、かなめ[常用外]、な[常用外]

ポイントなど:
横線の間隔を均等にすると全体が整います。
「一月目(ひとつきめ)」、「境目(さかいめ)」、「五目飯(ごもくめし)」、「項目(コウモク)」、「四月目(よつきめ)」、「糸目(いとめ)」、「七月目(ななつきめ)」、「升目(ますめ)」、「真面目(まじめ)」、「二丁目(ニチョウメ)」、「二番目(ニバンメ)」、「眉目(ビモク)」、「布目(ぬのめ)」、「面目(メンボク・メンモク)」、「目印(めじるし)」、「目玉(めだま)」、「目次(モクジ)」、「目尻(めじり)」、「目深(まぶか)」、「目前(モクゼン)」、「目測(モクソク)」、「目的(モクテキ)」、「目標(モクヒョウ)」、「役目(ヤクメ)」、「六月目(むつきめ)」、「目線(めせん)」、「目視(モクシ)」、「刮目(カツモク)」、「目眩(めまい)」、「目処(めど)」、「目途(モクト)」

書体による違い
相碁井目 (あいごせいもく)
暗闘反目 (あんとうはんもく)
一目十行 (いちもくじゅうぎょう)
一目即了 (いちもくそくりょう)
一目瞭然 (いちもくりょうぜん)
鳶目兎耳 (えんもくとじ)
掩目捕雀 (えんもくほじゃく)
横眉怒目 (おうびどもく)
横眉立目 (おうびりつもく)
傍目八目 (おかめはちもく)
刮目相看 (かつもくそうかん)
刮目相待 (かつもくそうたい)
合掌瞑目 (がっしょうめいもく)
貴耳賤目 (きじせんもく)
魚目燕石 (ぎょもくえんせき)
魚目混珠 (ぎょもくこんしゅ)
魚目混珍 (ぎょもくこんちん)
魚目入珠 (ぎょもくにゅうしゅ)
光彩奪目 (こうさいだつもく)
虎吻鴟目 (こふんしもく)
嫉視反目 (しっしはんもく)
鴟目虎吻 (しもくこふん)
衆目環視 (しゅうもくかんし)
衆目衆耳 (しゅうもくしゅうじ)
瞋目張胆 (しんもくちょうたん)
耳視目食 (じしもくしょく)
耳聡目明 (じそうもくめい)
慈眉善目 (じびぜんもく)
耳聞目見 (じぶんもくけん)
耳聞目撃 (じぶんもくげき)
耳聞目睹 (じぶんもくと)
耳目聡明 (じもくそうめい)
耳目之欲 (じもくのよく)
知目行足 (ちもくぎょうそく)
張眉怒目 (ちょうびどもく)
長目飛耳 (ちょうもくひじ)
佇立瞑目 (ちょりつめいもく)
瞠目結舌 (どうもくけつぜつ)
反目嫉視 (はんもくしっし)
万目睚眥 (ばんもくがいさい)
飛耳長目 (ひじちょうもく)
一目十行 (ひとめじゅうぎょう)
比目同行 (ひもくどうこう)
比目連枝 (ひもくれんし)
眉目温厚 (びもくおんこう)
眉目俊秀 (びもくしゅんしゅう)
眉目清秀 (びもくせいしゅう)
眉目端正 (びもくたんせい)
閉目塞聡 (へいもくそくそう)
閉目塞聴 (へいもくそくちょう)
蜂準長目 (ほうせつちょうもく)
蜂目豺声 (ほうもくさいせい)
本来面目 (ほんらいのめんもく)
万目睚眥 (まんもくがいさい)
満目荒寥 (まんもくこうりょう)
満目荒涼 (まんもくこうりょう)
満目蕭条 (まんもくしょうじょう)
満目蕭然 (まんもくしょうぜん)
瞑目合掌 (めいもくがっしょう)
明目張胆 (めいもくちょうたん)
瞑目沈思 (めいもくちんし)
目茶目茶 (めちゃめちゃ)
面目一新 (めんぼくいっしん)
面目全非 (めんぼくぜんひ)
面目躍如 (めんぼくやくじょ)
面目一新 (めんもくいっしん)
面目躍如 (めんもくやくじょ)
網目不失 (もうもくふしつ)
網目不疎 (もうもくふそ)
目指気使 (もくしきし)
目食耳視 (もくしょくじし)
目挑心招 (もくちょうしんしょう)
目迷五色 (もくめいごしき)
夜目遠目 (よめとおめ)
琳琅満目 (りんろうまんもく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>