「皮」の書き方

[スポンサーリンク]
皮

音訓(読み): ヒ、かわ

ポイントなど:
一画目は「ノ」です。
「樹皮(ジュヒ)」、「皮革(ヒカク)」、「皮相(ヒソウ)」、「皮膚(ヒフ)」、「毛皮(けがわ)」

書体による違い
虚実皮膜 (きょじつひにく)
鶏皮鶴髪 (けいひかくはつ)
虎皮羊質 (こひようしつ)
食肉寝皮 (しょくにくしんひ)
浅薄皮相 (せんぱくひそう)
草根木皮 (そうこんぼくひ)
草根木皮 (そうこんもくひ)
皮開肉綻 (ひかいにくたん)
皮開肉破 (ひかいにくは)
皮骨連立 (ひこつれんりつ)
皮相浅薄 (ひそうせんぱく)
皮相之見 (ひそうのけん)
皮肉之見 (ひにくのけん)
皮膚之見 (ひふのけん)
豹死留皮 (ひょうしりゅうひ)
皮裏春秋 (ひりしゅんじゅう)
皮裏陽秋 (ひりのようしゅう)
面張牛皮 (めんちょうぎゅうひ)
羊質虎皮 (ようしつこひ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>