「気」の書き方

[スポンサーリンク]
気

音訓(読み): キ、ケ、いき[常用外]

ポイントなど:
「メ」は「ノ」から書きます。
「意気地(いくじ)」、「意気揚々(イキヨウヨウ)」、「陰気(インキ)」、「換気(カンキ)」、「気圧(キアツ)」、「気宇(キウ)」、「気温(キオン)」、「気候(キコウ)」、「気孔(キコウ)」、「気体(キタイ)」、「気配(ケハイ)」、「気泡(キホウ)」、「狂気(キョウキ)」、「景気(ケイキ)」、「元気(ゲンキ)」、「香気(コウキ)」、「根気(コンキ)」、「磁気(ジキ)」、「臭気(シュウキ)」、「暑気(ショキ)」、「蒸気(ジョウキ)」、「惰気(ダキ)」、「低気圧(テイキアツ)」、「電気(デンキ)」、「怒気(ドキ)」、「内気(うちき)」、「排気(ハイキ)」、「病気(ビョウキ)」、「浮気(うわき)」、「雰囲気(フンイキ)」、「眠気(ねむけ)」、「勇気(ユウキ)」、「空気(クウキ)」、「殺気(サッキ)」、「健気(けなげ)」、「嘔気(オウキ)」、「幼気(いたいけ)」

書体による違い
意気軒昂 (いきけんこう)
意気昂然 (いきこうぜん)
意気自若 (いきじじゃく)
意気自如 (いきじじょ)
意気阻喪 (いきそそう)
意気揚揚 (いきようよう)
頤指気使 (いしきし)
一団和気 (いちだんのわき)
一堂和気 (いちどうのわき)
一気呵成 (いっきかせい)
怨気衝天 (えんきしょうてん)
怨気満腹 (えんきまんぷく)
灰心喪気 (かいしんそうき)
和気香風 (かきこうふう)
活気横溢 (かっきおういつ)
勝手気儘 (かってきまま)
寒気凜冽 (かんきりんれつ)
観測気球 (かんそくききゅう)
気韻生動 (きいんせいどう)
気宇軒昂 (きうけんこう)
気宇広大 (きうこうだい)
気宇雄豪 (きうゆうごう)
気炎万丈 (きえんばんじょう)
鬼気森然 (ききしんぜん)
機嫌気褄 (きげんきづま)
気骨稜稜 (きこつりょうりょう)
気象勇健 (きしょうゆうけん)
気随気儘 (きずいきまま)
気息奄奄 (きそくえんえん)
虚気平心 (きょきへいしん)
虚心平気 (きょしんへいき)
義気凜然 (ぎきりんぜん)
血気之勇 (けっきのゆう)
血気方剛 (けっきほうごう)
元気溌溂 (げんきはつらつ)
元気溌剌 (げんきはつらつ)
香気馥郁 (こうきふくいく)
香気芬然 (こうきふんぜん)
香気芬芬 (こうきふんぷん)
浩然之気 (こうぜんのき)
才気横溢 (さいきおういつ)
才気煥発 (さいきかんぱつ)
市気匠気 (しきしょうき)
士気阻喪 (しきそそう)
秋高気爽 (しゅうこうきそう)
酒色財気 (しゅしょくざいき)
少壮気鋭 (しょうそうきえい)
食牛之気 (しょくぎゅうのき)
新進気鋭 (しんしんきえい)
心正気和 (しんせいきわ)
心平気和 (しんぺいきわ)
上昇気流 (じょうしょうきりゅう)
垂頭喪気 (すいとうそうき)
生気溌溂 (せいきはつらつ)
生気溌剌 (せいきはつらつ)
正大之気 (せいだいのき)
壮気横秋 (そうきおうしゅう)
胆気横秋 (たんきおうしゅう)
惰気満満 (だきまんまん)
沖和之気 (ちゅうわのき)
直情真気 (ちょくじょうしんき)
天高気清 (てんこうきせい)
吐気揚眉 (ときようび)
同気相求 (どうきそうきゅう)
同気連枝 (どうきれんし)
呑牛之気 (どんぎゅうのき)
呑声忍気 (どんせいにんき)
忍気呑声 (にんきどんせい)
風霜之気 (ふうそうのき)
風土気候 (ふうどきこう)
分形連気 (ぶんけいれんき)
平気虚心 (へいききょしん)
平心易気 (へいしんいき)
平心静気 (へいしんせいき)
平心定気 (へいしんていき)
法界悋気 (ほうかいりんき)
目指気使 (もくしきし)
雄気堂堂 (ゆうきどうどう)
勇気百倍 (ゆうきひゃくばい)
勇気勃勃 (ゆうきぼつぼつ)
勇気凜然 (ゆうきりんぜん)
勇気凜凜 (ゆうきりんりん)
勇気凛凛 (ゆうきりんりん)
揚眉吐気 (ようびとき)
林下風気 (りんかのふうき)
老気横秋 (ろうきおうしゅう)
我儘気随 (わがままきずい)
和気藹藹 (わきあいあい)
和気靄然 (わきあいぜん)
和気洋洋 (わきようよう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>