「仰」の書き方

[スポンサーリンク]
仰

音訓(読み): ギョウ、コウ、あお(ぐ)、おお(せ)、の(く)[常用外]、あおの(く)[常用外]

ポイントなど:
字形に留意しましょう。
「仰角(ギョウカク)」、「仰視(ギョウシ)」、「仰天(ギョウテン)」、「信仰(シンコウ)」

書体による違い
渇仰随喜 (かつごうずいき)
吃驚仰天 (きっきょうぎょうてん)
寄田仰穀 (きでんぎょうこく)
仰観俯察 (ぎょうかんふさつ)
仰首伸眉 (ぎょうしゅしんび)
仰事俯育 (ぎょうじふいく)
仰事俯畜 (ぎょうじふちく)
仰天長嘆 (ぎょうてんちょうたん)
仰天不愧 (ぎょうてんふき)
傾側偃仰 (けいそくえんぎょう)
随喜渇仰 (ずいきかつごう)
遷徙偃仰 (せんしえんぎょう)
吃驚仰天 (びっくりぎょうてん)
俯仰天地 (ふぎょうてんち)
俯仰之間 (ふぎょうのかん)
俯察仰観 (ふさつぎょうかん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>