「同」の書き方

[スポンサーリンク]
同

音訓(読み): ドウ、おな(じ)、トウ[常用外]、とも(に)[常用外]

ポイントなど:
「冂」に、横線、「口」です。
「異口同音(イクドウオン)」、「異同(イドウ)」、「共同(キョウドウ)」、「呉越同舟(ゴエツドウシュウ)」、「合同(ゴウドウ)」、「混同(コンドウ)」、「賛同(サンドウ)」、「同一(ドウイツ)」、「同情(ドウジョウ)」、「同姓(ドウセイ)」、「同窓(ドウソウ)」、「同輩(ドウハイ)」、「同伴(ドウハン)」、「同胞(ドウホウ)」、「同盟(ドウメイ)」、「同僚(ドウリョウ)」、「協同(キョウドウ)」、「帯同(タイドウ)」、「大同(ダイドウ)」、「同音(ドウオン)」、「同化(ドウカ)」、「同期(ドウキ)」、「同好(ドウコウ)」、「同行(ドウコウ)」、「同志(ドウシ)」、「同舟(ドウシュウ)」、「同心(ドウシン)」、「同人(ドウジン)」、「同棲(ドウセイ)」、「同調(ドウチョウ)」

書体による違い
阿付雷同 (あふらいどう)
異曲同工 (いきょくどうこう)
異口同音 (いくどうおん)
異口同辞 (いくどうじ)
異口同声 (いくどうせい)
医食同源 (いしょくどうげん)
異人同辞 (いじんどうじ)
異体同心 (いたいどうしん)
一味同心 (いちみどうしん)
一視同仁 (いっしどうじん)
一心同体 (いっしんどうたい)
異榻同夢 (いとうどうむ)
異塗同帰 (いとどうき)
異路同帰 (いろどうき)
偕老同穴 (かいろうどうけつ)
嫁娶不同 (かしゅふどう)
禍福同門 (かふくどうもん)
共同戦線 (きょうどうせんせん)
琴瑟和同 (きんしつわどう)
儀同三司 (ぎどうさんし)
玉石同架 (ぎょくせきどうか)
玉石同匱 (ぎょくせきどうき)
玉石同砕 (ぎょくせきどうさい)
玉石同沈 (ぎょくせきどうちん)
形影相同 (けいえいそうどう)
刑名参同 (けいめいさんどう)
堅白異同 (けんぱくいどう)
堅白同異 (けんぱくどうい)
解脱同相 (げだつどうそう)
呉越同舟 (ごえつどうしゅう)
三世同居 (さんせいどうきょ)
三世同爨 (さんせいどうさん)
三世同財 (さんせいどうざい)
三世同堂 (さんせいどうどう)
四海同胞 (しかいどうほう)
四世同堂 (しせいどうどう)
四民同等 (しみんどうとう)
殊域同嗜 (しゅいきどうし)
殊塗同帰 (しゅとどうき)
笙磬同音 (しょうけいどうおん)
随類応同 (ずいるいおうどう)
千里同風 (せんりどうふう)
楚越同舟 (そえつどうしゅう)
大異小同 (だいいしょうどう)
大同小異 (だいどうしょうい)
大同団結 (だいどうだんけつ)
敵愾同仇 (てきがいどうきゅう)
党同異伐 (とうどういばつ)
党同伐異 (とうどうばつい)
同甘共苦 (どうかんきょうく)
同帰殊塗 (どうきしゅと)
同気相求 (どうきそうきゅう)
同軌同文 (どうきどうぶん)
同仇敵愾 (どうきゅうてきがい)
同気連枝 (どうきれんし)
同衾共枕 (どうきんきょうちん)
同行二人 (どうぎょうににん)
同工異曲 (どうこういきょく)
同始異終 (どうしいしゅう)
同室操戈 (どうしつそうか)
同舟共済 (どうしゅうきょうさい)
同床異夢 (どうしょういむ)
同床各夢 (どうしょうかくむ)
同心協力 (どうしんきょうりょく)
同心同徳 (どうしんどうとく)
同心戮力 (どうしんりくりょく)
同而不和 (どうじふわ)
同仁一視 (どうじんいっし)
同声異俗 (どうせいいぞく)
同病相憐 (どうびょうそうりん)
同病相憐 (どうびょうそうれん)
同風一俗 (どうふういちぞく)
同腹一心 (どうふくいっしん)
同文同軌 (どうぶんどうき)
同文同種 (どうぶんどうしゅ)
同袍同沢 (どうほうどうたく)
同類相求 (どうるいそうきゅう)
同類無礙 (どうるいむげ)
伐異党同 (ばついとうどう)
万物斉同 (ばんぶつせいどう)
万里同風 (ばんりどうふう)
比目同行 (ひもくどうこう)
猫鼠同処 (びょうそどうしょ)
猫鼠同眠 (びょうそどうみん)
風雨同舟 (ふううどうしゅう)
不同不二 (ふどうふじ)
雷同一律 (らいどういちりつ)
雷同付加 (らいどうふか)
雷同付和 (らいどうふわ)
六合同風 (りくごうどうふう)
戮力同心 (りくりょくどうしん)
累世同居 (るいせいどうきょ)
和光同塵 (わこうどうじん)
和而不同 (わじふどう)
和衷協同 (わちゅうきょうどう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>