「因」の書き方

[スポンサーリンク]
因

音訓(読み): イン、よ(る)、ちな(む)[常用外]、ちなみ[常用外]、よすが[常用外]

ポイントなど:
「口」を閉じる前に「大」を書きます。
「因果(インガ)」、「因循(インジュン)」、「原因(ゲンイン)」、「要因(ヨウイン)」

書体による違い
悪因苦果 (あくいんくか)
萎靡因循 (いびいんじゅん)
因往推来 (いんおうすいらい)
因果因縁 (いんがいんねん)
因果応報 (いんがおうほう)
因果覿面 (いんがてきめん)
因果報応 (いんがほうおう)
因果歴然 (いんがれきぜん)
因機説法 (いんきせっぽう)
因小失大 (いんしょうしつだい)
因循守旧 (いんじゅうしゅきゅう)
因循苟且 (いんじゅんこうしょ)
因循姑息 (いんじゅんこそく)
因病下薬 (いんぺいかやく)
三世因果 (さんぜいんが)
十二因縁 (じゅうにいんねん)
前因後果 (ぜんいんこうか)
善因善果 (ぜんいんぜんが)
無常因果 (むじょういんが)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>