「地」の書き方

[スポンサーリンク]
地

音訓(読み): チ、ジ、つち[常用外]、ところ[常用外]

ポイントなど:
「也」の字形、筆順(書き順)に留意しましょう。
「意気地(いくじ)」、「基地(キチ)」、「境地(キョウチ)」、「見地(ケンチ)」、「耕地(コウチ)」、「湿地(シッチ)」、「沼地(ぬまち)」、「心地(ここち)」、「生地(きじ)」、「扇状地(センジョウチ)」、「台地(ダイチ)」、「宅地(タクチ)」、「団地(ダンチ)」、「地域(チイキ)」、「地下(チカ)」、「地下茎(チカケイ)」、「地階(チカイ)」、「地殻(チカク)」、「地球(チキュウ)」、「地球儀(チキュウギ)」、「地峡(チキョウ)」、「地区(チク)」、「地元(ジモト)」、「地獄(ジゴク)」、「地軸(チジク)」、「地主(じぬし)」、「地上(チジョウ)」、「地震(ジシン)」、「地図(チズ)」、「地帯(チタイ)」、「地肌(じはだ)」、「地方(チホウ)」、「地面(ジメン)」、「駐屯地(チュウトンチ)」、「天地(テンチ)」、「田地(デンチ)」、「土地(トチ)」、「布地(ぬのじ)」、「墓地(ボチ)」、「盆地(ボンチ)」、「余地(ヨチ)」、「陸地(リクチ)」、「意地(イジ)」、「産地(サンチ)」、「更地(さらち)」、「門地(モンチ)」

書体による違い
哀鴻遍地 (あいこうへんち)
阿鼻地獄 (あびじごく)
阿轆轆地 (あろくろくじ)
一牛吼地 (いちぎゅうこうち)
一牛鳴地 (いちぎゅうめいち)
一牛鳴地 (いちごみょうち)
一敗塗地 (いっぱいとち)
咽喉之地 (いんこうのち)
殷天動地 (いんてんどうち)
回天動地 (かいてんどうち)
開天闢地 (かいてんへきち)
活溌溌地 (かっぱつはっち)
活発発地 (かっぱつはっち)
活発轆地 (かっぱつろくち)
花天酒地 (かてんしゅち)
汗顔無地 (かんがんむち)
歓天喜地 (かんてんきち)
撼天動地 (かんてんどうち)
肝脳塗地 (かんのうとち)
蓋天蓋地 (がいてんがいち)
含笑入地 (がんしょうにゅうち)
叫喚地獄 (きょうかんじごく)
驚地動天 (きょうちどうてん)
驚天駭地 (きょうてんがいち)
跼天蹐地 (きょくてんせきち)
桂玉之地 (けいぎょくのち)
経天緯地 (けいてんいち)
剣樹地獄 (けんじゅじごく)
黒子之地 (こくしのち)
壺中天地 (こちゅうのてんち)
昏天暗地 (こんてんあんち)
昏天黒地 (こんてんこくち)
五体投地 (ごたいとうち)
五輪著地 (ごりんじゃくち)
参天弐地 (さんてんじち)
咫尺之地 (しせきのち)
四戦之地 (しせんのち)
四塞之地 (しそくのち)
四地相応 (しちそうおう)
失地回復 (しっちかいふく)
指天画地 (してんかくち)
縮地補天 (しゅくちほてん)
焦熱地獄 (しょうねつじごく)
心地光明 (しんじこうみょう)
心地光明 (しんちこうめい)
震地動天 (しんちどうてん)
震天撼地 (しんてんかんち)
震天駭地 (しんてんがいち)
震天動地 (しんてんどうち)
人傑地霊 (じんけつちれい)
寸土尺地 (すんどしゃくち)
尺寸之地 (せきすんのち)
舌頭落地 (ぜっとうらくち)
粟散辺地 (ぞくさんへんち)
大敗塗地 (たいはいとち)
弾丸之地 (だんがんのち)
地角天涯 (ちかくてんがい)
地水火風 (ちすいかふう)
置錐之地 (ちすいのち)
地覆天翻 (ちふくてんほん)
地平天成 (ちへいてんせい)
頂天立地 (ちょうてんりっち)
地霊人傑 (ちれいじんけつ)
天一地二 (てんいちちに)
天宇地廬 (てんうちろ)
天開地辟 (てんかいちへき)
天涯地角 (てんがいちかく)
天懸地隔 (てんけんちかく)
天玄地黄 (てんげんちおう)
天旋地転 (てんせんちてん)
天地一指 (てんちいっし)
天地開闢 (てんちかいびゃく)
天地晦冥 (てんちかいめい)
天地懸隔 (てんちけんかく)
天地玄黄 (てんちげんこう)
天地渾沌 (てんちこんとん)
天地混沌 (てんちこんとん)
天地四時 (てんちしいじ)
天地神明 (てんちしんめい)
天地長久 (てんちちょうきゅう)
天地之差 (てんちのさ)
天地万象 (てんちばんしょう)
天地万物 (てんちばんぶつ)
天地万有 (てんちばんゆう)
天地無窮 (てんちむきゅう)
天地無用 (てんちむよう)
天長地久 (てんちょうちきゅう)
天覆地載 (てんぷうちさい)
天変地異 (てんぺんちい)
天変地変 (てんぺんちへん)
天翻地覆 (てんほんちふく)
天羅地網 (てんらちもう)
転轆轆地 (てんろくろくじ)
洞天福地 (どうてんふくち)
八万地獄 (はちまんじごく)
幕天席地 (ばくてんせきち)
俯仰天地 (ふぎょうてんち)
覆地翻天 (ふくちほんてん)
不食之地 (ふしょくのち)
不敗之地 (ふはいのち)
榑木之地 (ふぼくのち)
不毛之地 (ふもうのち)
墳墓之地 (ふんぼのち)
平地風波 (へいちのふうは)
平地波瀾 (へいちはらん)
平地風濤 (へいちふうとう)
遍地開花 (へんちかいか)
辺地粟散 (へんちぞくさん)
本地垂迹 (ほんじすいじゃく)
本地垂迹 (ほんちすいじゃく)
翻天覆地 (ほんてんふくち)
悶絶躄地 (もんぜつびゃくじ)
門地門閥 (もんちもんばつ)
遊刃余地 (ゆうじんよち)
要害之地 (ようがいのち)
立錐之地 (りっすいのち)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>