「忍」の書き方

[スポンサーリンク]
忍

音訓(読み): ニン、しの(ぶ)、しの(ばせる)、ジン[常用外]、むご(い)[常用外]

ポイントなど:
「刃」に「心」です。
「隠忍(インニン)」、「堪忍(カンニン)」、「残忍(ザンニン)」、「忍者(ニンジャ)」、「忍耐(ニンタイ)」、「不忍池(しのばずのいけ)」

書体による違い
隠忍自重 (いんにんじちょう)
含垢忍辱 (がんこうにんじょく)
含垢忍恥 (がんこうにんち)
堅忍果決 (けんにんかけつ)
堅忍質直 (けんにんしっちょく)
堅忍持久 (けんにんじきゅう)
堅忍不抜 (けんにんふばつ)
残忍酷薄 (ざんにんこくはく)
残忍薄行 (ざんにんはっこう)
残忍非道 (ざんにんひどう)
残忍冷酷 (ざんにんれいこく)
慈悲忍辱 (じひにんにく)
呑声忍気 (どんせいにんき)
忍気呑声 (にんきどんせい)
忍辱負重 (にんじょくふじゅう)
忍之一字 (にんのいちじ)
包羞忍恥 (ほうしゅうにんち)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>