「材」の書き方

[スポンサーリンク]
材

音訓(読み): ザイ、サイ[常用外]、まるた[常用外]

ポイントなど:
「才」は「ノ」を最後に書きます。
「鋼材(コウザイ)」、「材木(ザイモク)」、「材料(ザイリョウ)」、「取材(シュザイ)」、「人材(ジンザイ)」、「石材(セキザイ)」、「素材(ソザイ)」、「材質(ザイシツ)」

書体による違い
王佐之材 (おうさのざい)
蓋世之材 (がいせいのざい)
朽木之材 (きゅうぼくのざい)
高材逸足 (こうざいいっそく)
高材逸足 (こうざいいつそく)
高材疾足 (こうざいしっそく)
高材捷足 (こうざいしょうそく)
隋和之材 (ずいかのざい)
楚材晋用 (そざいしんよう)
大材小用 (たいざいしょうよう)
樗櫟之材 (ちょれきのざい)
樗櫟庸材 (ちょれきようざい)
棟梁之材 (とうりょうのざい)
綿力薄材 (めんりょくはくざい)
雄材大略 (ゆうざいたいりゃく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>