「沙」の書き方

[スポンサーリンク]
沙

音訓(読み): サ、シャ[常用外]、すな[常用外]

ポイントなど:
さんずいに「少」です。
「沙汰(サタ)」、「恒河沙(コウガシャ)」、「沙羅双樹(サラソウジュ)」、「毘沙門天(ビシャモンテン)」、「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」

書体による違い
一盤散沙 (いちばんさんさ)
含沙射影 (がんしゃせきえい)
恒河沙数 (ごうがしゃすう)
恒沙塵数 (ごうしゃじんじゅ)
沙中偶語 (さちゅうぐうご)
沙中偶語 (さちゅうのぐうご)
沙中之語 (さちゅうのご)
沙中之謀 (さちゅうのぼう)
沙羅双樹 (しゃらそうじゅ)
摶沙一散 (たんさいっさん)
刃傷沙汰 (にんじょうざた)
嚢沙之計 (のうしゃのけい)
嚢沙背水 (のうしゃはいすい)
平沙万里 (へいさばんり)
平沙落雁 (へいさらくがん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>