「体」の書き方

[スポンサーリンク]
体

音訓(読み): タイ、テイ、からだ、ホン[常用外]、たい(する)[常用外]

ポイントなど:
にんべんに、「本」です。
「液体(エキタイ)」、「気体(キタイ)」、「具体的(グタイテキ)」、「三位一体(サンミイッタイ)」、「肢体(シタイ)」、「主体(シュタイ)」、「身体(シンタイ)」、「人体(ジンタイ)」、「体格(タイカク)」、「体系(タイケイ)」、「体裁(テイサイ)」、「胴体(ドウタイ)」、「媒体(バイタイ)」、「半導体(ハンドウタイ)」、「風体(フウテイ)」、「裸体(ラタイ)」、「一心同体(イッシンドウタイ)」、「絶体絶命(ゼッタイゼツメイ)」、「固体(コタイ)」、「個体(コタイ)」、「世間体(セケンテイ)」、「正体(ショウタイ)」、「染色体(センショクタイ)」、「体験(タイケン)」、「体操(タイソウ)」、「体力(タイリョク)」、「為体(ていたらく)」

書体による違い
異体同心 (いたいどうしん)
一味合体 (いちみがったい)
一心同体 (いっしんどうたい)
一体分身 (いったいぶんしん)
虚弱体質 (きょじゃくたいしつ)
渾然一体 (こんぜんいったい)
五体投地 (ごたいとうち)
三輪体空 (さんりんたいくう)
四肢五体 (ししごたい)
称体裁衣 (しょうたいさいい)
心寛体舒 (しんかんたいじょ)
心広体胖 (しんこうたいはん)
身体髪膚 (しんたいはっぷ)
千篇一体 (せんぺんいったい)
絶体絶命 (ぜったいぜつめい)
体元居正 (たいげんきょせい)
体国経野 (たいこくけいや)
体貌閑雅 (たいぼうかんが)
霑体塗足 (てんたいとそく)
人相風体 (にんそうふうてい)
表裏一体 (ひょうりいったい)
物我一体 (ぶつがいったい)
変相殊体 (へんそうしゅたい)
無理無体 (むりむたい)
迷悟一体 (めいごいったい)
名実一体 (めいじついったい)
物我一体 (もつがいったい)
量体裁衣 (りょうたいさいい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>