「伶」の書き方

[スポンサーリンク]
伶

音訓(読み): レイ、わざおぎ

ポイントなど:
にんべんに「令」です。
「伶官(レイカン)」、「伶工(レイコウ)」、「伶人(レイジン)」、「伶丁(レイテイ)」、「伶仃(レイテイ)」、「伶優(レイユウ)」、「伶俐(レイリ)」、「伶利(レイリ)」、「優伶(ユウレイ)」、「笛伶(テキレイ)」

【「令」の字形について】
印刷文字(ブラウザ表示など)と手書き文字の字形の違いは、それぞれの習慣の相違に基づく表現の差と解説されています。(出典:「常用漢字表」(付)字体についての解説 第2 明朝体と筆写の楷書との関係について 2 筆写の楷書では,いろいろな書き方があるもの (6)その他)

<「令」:印刷文字と手書き文字の字形

王門伶人 (おうもんれいじん)
百伶百利 (ひゃくれいひゃくり)
劉伶之酒 (りゅうれいのさけ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>