「念」の書き方

[スポンサーリンク]
念

音訓(読み): ネン、おも(う)[常用外]

ポイントなど:
「今」に「心」です。
「怨念(オンネン)」、「概念(ガイネン)」、「祈念(キネン)」、「記念碑(キネンヒ)」、「疑念(ギネン)」、「懸念(ケネン)」、「残念(ザンネン)」、「執念(シュウネン)」、「信念(シンネン)」、「丹念(タンネン)」、「断念(ダンネン)」、「諦念(テイネン)」、「念願(ネンガン)」、「念仏(ネンブツ)」、「記念(キネン)」、「観念(カンネン)」、「専念(センネン)」、「正念場(ショウネンバ)」、「念書(ネンショ)」、「念力(ネンリキ)」

書体による違い
一念化生 (いちねんけしょう)
一念三千 (いちねんさんぜん)
一念通天 (いちねんつうてん)
一念万年 (いちねんばんねん)
一念発心 (いちねんほっしん)
休心息念 (きゅうしんそくねん)
強迫観念 (きょうはくかんねん)
固着観念 (こちゃくかんねん)
固定観念 (こていかんねん)
残念至極 (ざんねんしごく)
残念無念 (ざんねんむねん)
生死妄念 (しょうじもうねん)
審念熟慮 (しんねんじゅくりょ)
塵思埃念 (じんしあいねん)
貞操観念 (ていそうかんねん)
念念刻刻 (ねんねんこくこく)
念念生滅 (ねんねんしょうめつ)
念仏三昧 (ねんぶつざんまい)
無想無念 (むそうむねん)
無念残念 (むねんざんねん)
無念至極 (むねんしごく)
無念千万 (むねんせんばん)
無念無想 (むねんむそう)
欲念邪意 (よくねんじゃい)
臨終正念 (りんじゅうしょうねん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>