「知」の書き方

[スポンサーリンク]
知

音訓(読み): チ、し(る)、し(らせる)[常用外]

ポイントなど:
「矢」に「口」です。
「察知(サッチ)」、「周知(シュウチ)」、「承知(ショウチ)」、「探知(タンチ)」、「知覚(チカク)」、「知恵(チエ)」、「知己(チキ)」、「知識(チシキ)」、「知人(チジン)」、「通知(ツウチ)」、「人知(ジンチ)」、「温故知新(オンコチシン)」、「既知(キチ)」、「告知(コクチ)」、「親不知(おやしらず)」、「知育(チイク)」、「不知火(しらぬい)」、「不知不識(しらずしらず)」、「愛知(あいち)」、「高知(こうち)」

書体による違い
一行知識 (いちぎょうちしき)
一文不知 (いちもんふち)
一葉知秋 (いちようちしゅう)
一知半解 (いっちはんかい)
温故知新 (おんこちしん)
格物致知 (かくぶつちち)
鑑往知来 (かんおうちらい)
奸知術数 (かんちじゅっすう)
奸佞邪知 (かんねいじゃち)
学知利行 (がくちりこう)
機知奇策 (きちきさく)
機知縦横 (きちじゅうおう)
機知頓才 (きちとんさい)
愚痴無知 (ぐちむち)
愚昧無知 (ぐまいむち)
傾蓋知己 (けいがいのちき)
見聞覚知 (けんもんかくち)
狡知佞弁 (こうちねいべん)
故旧新知 (こきゅうしんち)
困知勉行 (こんちべんこう)
五十知命 (ごじゅうちめい)
思索生知 (しさくしょうち)
思索生知 (しさくせいち)
周知徹底 (しゅうちてってい)
少欲知足 (しょうよくちそく)
親戚知友 (しんせきちゆう)
邪知奸佞 (じゃちかんねい)
邪知暴虐 (じゃちぼうぎゃく)
受胎告知 (じゅたいこくち)
数往知来 (すうおうちらい)
生知安行 (せいちあんこう)
世間周知 (せけんしゅうち)
先刻承知 (せんこくしょうち)
先知先覚 (せんちせんがく)
浅知短才 (せんちたんさい)
全知全能 (ぜんちぜんのう)
蚤知之士 (そうちのし)
聡明叡知 (そうめいえいち)
聡明英知 (そうめいえいち)
知恵才覚 (ちえさいかく)
知恵分別 (ちえふんべつ)
知己朋友 (ちきほうゆう)
知行一致 (ちこういっち)
知行合一 (ちこうごういつ)
知者一失 (ちしゃのいっしつ)
知者不言 (ちしゃふげん)
知者不惑 (ちしゃふわく)
知者楽水 (ちしゃらくすい)
知小言大 (ちしょうげんだい)
知小謀大 (ちしょうぼうだい)
知崇礼卑 (ちすうれいひ)
知足安分 (ちそくあんぶん)
知足者富 (ちそくしゃふ)
知足守分 (ちそくしゅぶん)
知足常楽 (ちそくじょうらく)
知足不辱 (ちそくふじょく)
致知格物 (ちちかくぶつ)
知徳兼備 (ちとくけんび)
知謀縦横 (ちぼうじゅうおう)
知目行足 (ちもくぎょうそく)
知勇兼全 (ちゆうけんぜん)
知勇兼備 (ちゆうけんび)
知勇双全 (ちゆうそうぜん)
知勇弁力 (ちゆうべんりょく)
知略縦横 (ちりゃくじゅうおう)
天下周知 (てんかしゅうち)
桐葉知秋 (どうようちしゅう)
独知之契 (どくちのけい)
佞奸邪知 (ねいかんじゃち)
博古知今 (はくこちこん)
半解半知 (はんかいはんち)
半知半解 (はんちはんかい)
貧賤之知 (ひんせんのち)
不知案内 (ふちあんない)
不知寝食 (ふちしんしょく)
不知不徳 (ふちふとく)
朋友知己 (ほうゆうちき)
無為無知 (むいむち)
無学無知 (むがくむち)
無知愚昧 (むちぐまい)
無知低能 (むちていのう)
無知無学 (むちむがく)
無知無能 (むちむのう)
無知蒙昧 (むちもうまい)
無知文盲 (むちもんもう)
名僧知識 (めいそうちしき)
問牛知馬 (もんぎゅうちば)
文殊知恵 (もんじゅのちえ)
問羊知馬 (もんようちば)
葉落知秋 (ようらくちしゅう)
良知良能 (りょうちりょうのう)
冷暖自知 (れいだんじち)
老馬知道 (ろうばちどう)
老馬之知 (ろうばのち)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>