「宝」の書き方

[スポンサーリンク]
宝

音訓(読み): ホウ、たから

ポイントなど:
「玉」は、横、縦、横、横、最後にテンです。
「国宝(コクホウ)」、「財宝(ザイホウ)」、「子宝(こだから)」、「宝玉(ホウギョク)」、「宝石(ホウセキ)」、「宝船(たからぶね)」

書体による違い
安養宝国 (あんようほうこく)
懐宝迷邦 (かいほうめいほう)
帰依三宝 (きえさんぼう)
帰依三宝 (きえさんぽう)
化城宝処 (けじょうほうしょ)
七珍万宝 (しっちんまんぽう)
隋和之宝 (ずいかのたから)
尺璧非宝 (せきへきひほう)
伝家宝刀 (でんかのほうとう)
投珠報宝 (とうしゅほうほう)
南無三宝 (なむさんぼう)
如意宝珠 (にょいほうじゅ)
被褐懐宝 (ひかつかいほう)
文房四宝 (ぶんぼうしほう)
文房四宝 (ぶんぼうのしほう)
宝鈿玉釵 (ほうでんぎょくさい)
蓮華宝土 (れんげほうど)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>