「怒」の書き方

[スポンサーリンク]
怒

音訓(読み): ド、いか(る)、おこ(る)、ヌ[常用外]

ポイントなど:
「女」、「又」、「心」です。
「激怒(ゲキド)」、「怒気(ドキ)」、「怒号(ドゴウ)」、「怒濤(ドトウ)」、「憤怒(フンヌ)」

書体による違い
王思怒蠅 (おうしどよう)
横眉怒目 (おうびどもく)
嬉笑怒罵 (きしょうどば)
喜怒哀愁 (きどあいしゅう)
狂瀾怒濤 (きょうらんどとう)
叱咤怒号 (しったどごう)
疾風怒濤 (しっぷうどとう)
衆怒衆賤 (しゅうどしゅうせん)
張眉怒目 (ちょうびどもく)
突怒偃蹇 (とつどえんけん)
怒猊抉石 (どげいけっせき)
怒髪指冠 (どはつしかん)
怒髪衝冠 (どはつしょうかん)
怒髪衝天 (どはつしょうてん)
怒髪上指 (どはつじょうし)
反抗憤怒 (はんこうふんぬ)
暴風怒濤 (ぼうふうどとう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>