「修」の書き方

[スポンサーリンク]
修

音訓(読み): シュウ、シュ、おさ(める)、おさ(まる)、かざ(る)[常用外]、なが(い)[常用外]

ポイントなど:
にんべん、縦線、「攵」、「彡」です。
「改修(カイシュウ)」、「研修(ケンシュウ)」、「修行(シュギョウ)」、「修飾(シュウショク)」、「修繕(シュウゼン)」、「修道尼(シュウドウニ)」、「修養(シュウヨウ)」、「修理(シュウリ)」、「修学旅行」、「監修(カンシュウ)」、「阿修羅(アシュラ)」

書体による違い
易往易修 (いおういしゅう)
易行易修 (いぎょういしゅう)
偃武修文 (えんぶしゅうぶん)
修己治人 (しゅうこちじん)
修飾辺幅 (しゅうしょくへんぷく)
修身斉家 (しゅうしんせいか)
修羅苦羅 (しゅらくら)
断悪修善 (だんなくしゅぜん)
辺幅修飾 (へんぷくしゅうしょく)
茂林修竹 (もりんしゅうちく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>