「華」の書き方

[スポンサーリンク]
華

音訓(読み): カ、ケ、はな、ゲ[常用外]、しろ(い)[常用外]

ポイントなど:
くさかんむり、「二」、縦、縦、「二」、縦線、の順です。
花のつぼみのように、上から順に美しく書きましょう。
「栄華(エイガ)」、「華美(カビ)」、「香華(キョウカ)」、「散華(サンゲ)」、「繁華(ハンカ)」、「繁華街(ハンカガイ)」、「華道(カドウ)」、「華氏(カシ)」、「華燭(カショク)」、「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」

書体による違い
栄華秀英 (えいかしゅうえい)
英華発外 (えいかはつがい)
栄華栄耀 (えいがえいよう)
栄華之夢 (えいがのゆめ)
栄耀栄華 (えようえいが)
華山帰馬 (かざんきば)
華燭之式 (かしょくのしき)
華燭之典 (かしょくのてん)
華胥之国 (かしょのくに)
華胥之夢 (かしょのゆめ)
華胄家世 (かちゅうかせい)
華亭鶴唳 (かていかくれい)
華封三祝 (かほうのさんしゅく)
華麗奔放 (かれいほんぽう)
含英咀華 (がんえいしょか)
去華就実 (きょかしゅうじつ)
軽佻浮華 (けいちょうふか)
絢爛華麗 (けんらんかれい)
絢爛豪華 (けんらんごうか)
枯樹生華 (こじゅせいか)
枯木生華 (こぼくせいか)
豪華絢爛 (ごうかけんらん)
才華蓋世 (さいかがいせい)
才華爛発 (さいからんぱつ)
七華八裂 (しちけはちれつ)
贅沢華奢 (ぜいたくかしゃ)
荘厳華麗 (そうごんかれい)
壮大華麗 (そうだいかれい)
咀嚼英華 (そしゃくえいか)
棣華増映 (ていかぞうえい)
曇華一現 (どんげいちげん)
南華之悔 (なんかのくい)
拈華破顔 (ねんげはがん)
拈華微笑 (ねんげみしょう)
富貴栄華 (ふうきえいが)
浮華虚栄 (ふかきょえい)
紛華奢靡 (ふんかしゃび)
紛華靡麗 (ふんかびれい)
法華三昧 (ほっけざんまい)
法華七喩 (ほっけしちゆ)
竜華三会 (りゅうげさんね)
蓮華往生 (れんげおうじょう)
蓮華世界 (れんげせかい)
蓮華宝土 (れんげほうど)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>