「動」の書き方

[スポンサーリンク]
動

音訓(読み): ドウ、うご(く)、うご(かす)、トウ[常用外]、やや(もすれば)[常用外]

ポイントなど:
「重」は「日」の次に縦線を引きます。
「運動(ウンドウ)」、「活動(カツドウ)」、「激動(ゲキドウ)」、「鼓動(コドウ)」、「衝動(ショウドウ)」、「振動(シンドウ)」、「震動(シンドウ)」、「騒動(ソウドウ)」、「動作(ドウサ)」、「動物(ドウブツ)」、「動脈(ドウミャク)」、「動揺(ドウヨウ)」、「鳴動(メイドウ)」、「躍動(ヤクドウ)」、「律動(リツドウ)」、「流動(リュウドウ)」、「異動(イドウ)」、「移動(イドウ)」、「感動(カンドウ)」、「機動(キドウ)」、「起動(キドウ)」、、「軌道(キドウ)」、「言動(ゲンドウ)」、「動画(ドウガ)」、「動悸(ドウキ)」、「驚天動地(キョウテンドウチ)」、「不動明王(フドウミョウオウ)」、「萌動(ボウドウ)」、「暴動(ボウドウ)」

書体による違い
按軍不動 (あんぐんふどう)
暗香浮動 (あんこうふどう)
按兵不動 (あんぺいふどう)
一挙一動 (いっきょいちどう)
殷天動地 (いんてんどうち)
雲烟飛動 (うんえんひどう)
雲煙飛動 (うんえんひどう)
回天動地 (かいてんどうち)
確乎不動 (かっこふどう)
歓声雷動 (かんせいらいどう)
撼天動地 (かんてんどうち)
感動振奮 (かんどうしんぷん)
感孚風動 (かんぷふうどう)
気韻生動 (きいんせいどう)
起居挙動 (ききょきょどう)
起居動作 (ききょどうさ)
起居動静 (きこどうじょう)
驚魂動魄 (きょうこんどうはく)
教唆煽動 (きょうさせんどう)
教唆扇動 (きょうさせんどう)
驚心動魄 (きょうしんどうはく)
驚地動天 (きょうちどうてん)
挙止動作 (きょしどうさ)
挙措動作 (きょそどうさ)
銀鱗躍動 (ぎんりんやくどう)
軽挙妄動 (けいきょもうどう)
言語挙動 (げんごきょどう)
行動半径 (こうどうはんけい)
視聴言動 (しちょうげんどう)
進退動作 (しんたいどうさ)
震地動天 (しんちどうてん)
震天動地 (しんてんどうち)
湛然不動 (たんぜんふどう)
直立不動 (ちょくりつふどう)
動静云為 (どうせいうんい)
動揺流転 (どうようるてん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>