「経」の書き方

[スポンサーリンク]
経

音訓(読み): ケイ、キョウ、へ(る)、キン[常用外]、たていと[常用外]、たて[常用外]、つね[常用外]、おさ(める)[常用外]、くび(れる)[常用外]、すで(に)[常用外]

ポイントなど:
いとへんに、「又」、「土」です。
※楷書の一般的な「いとへん」の字形については補足をご参照ください。
「経緯(ケイイ)」、「経営(ケイエイ)」、「経験(ケイケン)」、「経済(ケイザイ)」、「経費(ケイヒ)」、「経文(キョウモン)」、「経由(ケイユ)」、「経歴(ケイレキ)」、「写経(シャキョウ)」、「神経(シンケイ)」、「読経(どきょう)」、「経過(ケイカ)」
補足:書体による「いとへん」の違いについて

書体による違い
緯武経文 (いぶけいぶん)
引足救経 (いんそくきゅうけい)
怪誕不経 (かいたんふけい)
救経引足 (きゅうけいいんそく)
経緯万端 (けいいばんたん)
経緯万方 (けいいばんぽう)
経営惨澹 (けいえいさんたん)
経国済民 (けいこくさいみん)
経国大業 (けいこくのたいぎょう)
経史子集 (けいしししゅう)
経世済民 (けいせいさいみん)
経天緯地 (けいてんいち)
経文緯武 (けいぶんいぶ)
譎詭不経 (けっきふけい)
国家経綸 (こっかけいりん)
惨澹経営 (さんたんけいえい)
体国経野 (たいこくけいや)
枕経藉書 (ちんけいしゃしょ)
白首窮経 (はくしゅきゅうけい)
必経之路 (ひっけいのみち)
飽経風霜 (ほうけいふうそう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>