「視」の書き方

[スポンサーリンク]
視

音訓(読み): シ、み(る)[常用外]、なぞら(える)[常用外]

ポイントなど:
しめすへんに、「見」です。
「監視(カンシ)」、「仰視(ギョウシ)」、「凝視(ギョウシ)」、「視覚(シカク)」、「視力(シリョク)」、「注視(チュウシ)」、「蔑視(ベッシ)」、「視野(シヤ)」、「近視(キンシ)」、「遠視(エンシ)」、「視床下部(シショウカブ)」、「虎視眈々(コシタンタン)」

書体による違い
一視同仁 (いっしどうじん)
一視之仁 (いっしのじん)
煙視媚行 (えんしびこう)
禽息鳥視 (きんそくちょうし)
虎視眈眈 (こしたんたん)
左顧右視 (さこうし)
左視右瞻 (さしうせん)
左瞻右視 (させんうし)
坐視不救 (ざしふきゅう)
視聴言動 (しちょうげんどう)
嫉視反目 (しっしはんもく)
衆目環視 (しゅうもくかんし)
耳視目食 (じしもくしょく)
順逆一視 (じゅんぎゃくいつし)
長生久視 (ちょうせいきゅうし)
敵情視察 (てきじょうしさつ)
等量斉視 (とうりょうせいし)
同仁一視 (どうじんいっし)
反聴内視 (はんちょうないし)
反目嫉視 (はんもくしっし)
眄視指使 (べんししし)
目食耳視 (もくしょくじし)
鷹視狼歩 (ようしろうほ)
竜驤虎視 (りゅうじょうこし)
竜驤虎視 (りょうじょうこし)
狼貪虎視 (ろうどんこし)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>