「斎」の書き方

[スポンサーリンク]
斎

音訓(読み): サイ、ものいみ[常用外]、い(み)[常用外]、とき[常用外]、いつき[常用外]、いつ(く)[常用外]、いわ(う)[常用外]

ポイントなど:
「文」、左の「ノ」、「示」、右縦線の順に書きます。
※「斉」「齊」は別字です。混同しやすいので注意しましょう。
「潔斎(ケッサイ)」、「斎場(サイジョウ)」、「書斎(ショサイ)」、「斎壇(サイダン)」、「郡斎(グンサイ)」、「修斎(シュウサイ)」、「定斎(ジョウサイ)」、「心斎(シンサイ)」、「茅斎(ボウサイ)」、「長斎(チョウサイ)」、「高斎(コウサイ)」、「斎院(サイイン)」、「斎王(サイオウ)」、「斎外(サイガイ)」、「斎祭(サイサイ)」、「斎日(サイジツ)」、「斎舎(サイシャ)」、「斎主(サイシュ)」、「斎宿(サイシュク)」、「斎食(サイショク)」、「斎禱(サイトウ)」、「斎祈(サイキ)」、「斎沐(サイモク)」

書体による違い
斎戒沐浴 (さいかいもくよく)
精進潔斎 (しょうじんけっさい)
沐浴斎戒 (もくよくさいかい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>