「張」の書き方

[スポンサーリンク]
張

音訓(読み): チョウ、は(る)

ポイントなど:
「弓」は三画で、二画目は左から右に書きます。
「長」は縦線から書き始めます。
「拡張(カクチョウ)」、「緊張(キンチョウ)」、「誇張(コチョウ)」、「主張(シュチョウ)」、「張力(チョウリョク)」、「縄張(なわばり)」

書体による違い
一弛一張 (いっしいっちょう)
一張一弛 (いっちょういっし)
改弦更張 (かいげんこうちょう)
剣抜弩張 (けんばつどちょう)
五角六張 (ごかくろくちょう)
瞋目張胆 (しんもくちょうたん)
蘇張之弁 (そちょうのべん)
張王李趙 (ちょうおうりちょう)
張冠李戴 (ちょうかんりたい)
張甲李乙 (ちょうこうりいつ)
張三李四 (ちょうさんりし)
張三呂四 (ちょうさんりょし)
張眉怒目 (ちょうびどもく)
弩張剣抜 (どちょうけんばつ)
明目張胆 (めいもくちょうたん)
面張牛皮 (めんちょうぎゅうひ)
良弓難張 (りょうきゅうなんちょう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>