「覚」の書き方

[スポンサーリンク]
覚

音訓(読み): カク、おぼ(える)、さ(ます)、さ(める)、さと(る)[常用外]、さと(り)[常用外]、さと(す)[常用外]、おぼ(え)[常用外]

ポイントなど:
「ツ」、「冖」、「見」です。
「覚悟(カクゴ)」、「覚醒(カクセイ)」、「感覚(カンカク)」、「幻覚(ゲンカク)」、「才覚(サイカク)」、「錯覚(サッカク)」、「視覚(シカク)」、「知覚(チカク)」、「聴覚(チョウカク)」、「発覚(ハッカク)」、「味覚(ミカク)」、「嗅覚(キュウカク)」

書体による違い
群衆妄覚 (ぐんしゅうもうかく)
見性自覚 (けんしょうじかく)
見聞覚知 (けんもんかくち)
時代感覚 (じだいかんかく)
先知先覚 (せんちせんがく)
前後不覚 (ぜんごふかく)
知恵才覚 (ちえさいかく)
半覚半醒 (はんかくはんせい)
平衡感覚 (へいこうかんかく)
本覚真如 (ほんがくしんにょ)
本覚大悟 (ほんがくたいご)
無上正覚 (むじょうしょうがく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>