「開」の書き方

[スポンサーリンク]
開

音訓(読み): カイ、ひら(く)、ひら(ける)、あ(く)、あ(ける)、はだか(る)[常用外]、はだ(ける)[常用外]

ポイントなど:
もんがまえは、「日」の書き順を基本に覚えましょう。
「開眼(カイガン)」、「開襟(カイキン)」、「開口(カイコウ)」、「開墾(カイコン)」、「開催(カイサイ)」、「開始(カイシ)」、「開拓(カイタク)」、「開陳(カイチン)」、「開店(カイテン)」、「開扉(カイヒ)」、「展開(テンカイ)」、「開放(カイホウ)」、「開運(カイウン)」、「公開(コウカイ)」

書体による違い
開雲見日 (かいうんけんじつ)
開懐暢飲 (かいかいちょういん)
開化文明 (かいかぶんめい)
開巻第一 (かいかんだいいち)
開巻劈頭 (かいかんへきとう)
開巻有益 (かいかんゆうえき)
開巻有得 (かいかんゆうとく)
開眼供養 (かいげんくよう)
開源節流 (かいげんせつりゅう)
開口一番 (かいこういちばん)
開権顕実 (かいごんけんじつ)
開心見誠 (かいしんけんせい)
開示悟入 (かいじごにゅう)
開誠布公 (かいせいふこう)
開天闢地 (かいてんへきち)
開闢草昧 (かいびゃくそうまい)
開物成務 (かいぶつせいむ)
開門揖盗 (かいもんゆうとう)
豁然開朗 (かつぜんかいろう)
豁然開悟 (かつねんかいご)
喜笑顔開 (きしょうがんかい)
局面打開 (きょくめんだかい)
枯木開花 (こぼくかいか)
宿執開発 (しゅくしゅうかいほつ)
信口開河 (しんこうかいが)
朝開暮落 (ちょうかいぼらく)
鉄樹開花 (てつじゅかいか)
天開地辟 (てんかいちへき)
点睛開眼 (てんせいかいがん)
天地開闢 (てんちかいびゃく)
転迷開悟 (てんめいかいご)
天門開闔 (てんもんかいこう)
頓開茅塞 (とんかいぼうそく)
八字打開 (はちじだかい)
皮開肉綻 (ひかいにくたん)
皮開肉破 (ひかいにくは)
遍地開花 (へんちかいか)
未開野蛮 (みかいやばん)
門戸開放 (もんこかいほう)
野蛮未開 (やばんみかい)
誘引開導 (ゆういんかいどう)
離合開闔 (りごうかいこう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>