「態」の書き方

[スポンサーリンク]
態

音訓(読み): タイ、テイ[常用外]、さま[常用外]、わざ(と)[常用外]

ポイントなど:
「ヒ」の一画目は右から左へ書きます。
「形態(ケイタイ)」、「醜態(シュウタイ)」、「状態(ジョウタイ)」、「態勢(タイセイ)」、「容態(ヨウダイ)」、「態度(タイド)」、「擬態(ギタイ)」

書体による違い
雲容烟態 (うんようえんたい)
奇妙奇態 (きみょうきたい)
窮形尽態 (きゅうけいじんたい)
旧態依然 (きゅうたいいぜん)
山容水態 (さんようすいたい)
世態人情 (せたいにんじょう)
千姿万態 (せんしばんたい)
千状万態 (せんじょうばんたい)
千態万状 (せんたいばんじょう)
千態万様 (せんたいばんよう)
人情世態 (にんじょうせたい)
百人百態 (ひゃくにんひゃくたい)
変態百出 (へんたいひゃくしゅつ)
妖姿媚態 (ようしびたい)
臨戦態勢 (りんせんたいせい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>