「精」の書き方

[スポンサーリンク]
精

音訓(読み): セイ、ショウ、もののけ[常用外]、しら(げる)[常用外]、くわ(しい)[常用外]

ポイントなど:
こめへんに、「青」です。
「精鋭(セイエイ)」、「精神(セイシン)」、「精進(ショウジン)」、「精粋(セイスイ)」、「精粗(セイソ)」、「精麦(セイバク)」、「精米(セイマイ)」、「精密(セイミツ)」、「精力(セイリョク)」、「精励(セイレイ)」、「精錬(セイレン)」、「精緻(セイチ)」、「丹精(タンセイ)」、「不精(ブショウ)」、「精気(セイキ)」、「精巧(セイコウ)」

書体による違い
一心精進 (いっしんしょうじん)
恪勤精励 (かっきんせいれい)
金泥精描 (きんでいせいびょう)
刻苦精進 (こっくしょうじん)
刻苦精励 (こっくせいれい)
山精木魅 (さんせいもくび)
山精木魅 (さんせいもくみ)
至純至精 (しじゅんしせい)
周密精到 (しゅうみつせいとう)
精進潔斎 (しょうじんけっさい)
精進勇猛 (しょうじんゆうみょう)
純精無雑 (じゅんせいむざつ)
精衛填海 (せいえいてんかい)
精金良玉 (せいきんりょうぎょく)
精思苦到 (せいしくとう)
精神一到 (せいしんいっとう)
精神鬱怏 (せいしんうつおう)
精心孤詣 (せいしんこけい)
精神統一 (せいしんとういつ)
精粗利鈍 (せいそりどん)
精忠無二 (せいちゅうむに)
精忠無比 (せいちゅうむひ)
精疲力尽 (せいひりきじん)
精妙巧緻 (せいみょうこうち)
精明強幹 (せいめいきょうかん)
精力旺盛 (せいりょくおうせい)
精力絶倫 (せいりょくぜつりん)
精励恪勤 (せいれいかっきん)
精励勤勉 (せいれいきんべん)
微言精義 (びげんせいぎ)
無精打彩 (ぶしょうださい)
米泉之精 (べいせんのせい)
勇猛精進 (ゆうみょうしょうじん)
勇猛精進 (ゆうもうしょうじん)
良玉精金 (りょうぎょくせいきん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>