「歓」の書き方

[スポンサーリンク]
歓

音訓(読み): カン、よろこ(ぶ)[常用外]

ポイントなど:
四画目の「ノ」に留意しましょう。
「歓喜(カンキ)」、「歓迎(カンゲイ)」、「歓声(カンセイ)」、「交歓(コウカン)」

書体による違い
活計歓楽 (かっけいかんらく)
歌舞歓楽 (かぶかんらく)
歓喜雀躍 (かんきじゃくやく)
歓喜抃舞 (かんきべんぶ)
歓欣鼓舞 (かんきんこぶ)
歓言愉色 (かんげんゆしょく)
歓声雷動 (かんせいらいどう)
歓天喜地 (かんてんきち)
歓楽哀情 (かんらくあいじょう)
合歓綢繆 (ごうかんちゅうびゅう)
菽水之歓 (しゅくすいのかん)
誠歓誠喜 (せいかんせいき)
千歓万悦 (せんかんばんえつ)
千歓万喜 (せんかんばんき)
悲歓合散 (ひかんがっさん)
悲歓離合 (ひかんりごう)
踊躍歓喜 (ゆやくかんぎ)
離合悲歓 (りごうひかん)
鹿苹之歓 (ろくへいのよろこび)
炉辺歓談 (ろへんかんだん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>