「錦」の書き方

[スポンサーリンク]
錦

音訓(読み): キン、にしき

ポイントなど:
かねへんに、「白」、「巾」です。
「錦絵(にしきえ)」、「錦糸(キンシ)」、「錦秋(キンシュウ)」

書体による違い
衣錦栄帰 (いきんえいき)
衣錦還郷 (いきんかんきょう)
衣錦帰郷 (いきんききょう)
衣錦尚絅 (いきんしょうけい)
衣錦昼行 (いきんちゅうこう)
衣錦之栄 (いきんのえい)
衣錦夜行 (いきんやこう)
錦衣玉食 (きんいぎょくしょく)
錦繍心肝 (きんしゅうしんかん)
錦繍之腸 (きんしゅうのはらわた)
錦繍綾羅 (きんしゅうりょうら)
錦心繍口 (きんしんしゅうこう)
錦心繍腸 (きんしんしゅうちょう)
錦上添花 (きんじょうてんか)
繍口錦心 (しゅうこうきんしん)
萋斐貝錦 (せいひばいきん)
操刀傷錦 (そうとうしょうきん)
束錦加璧 (そくきんかへき)
綾羅錦繍 (りょうらきんしゅう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>