「簡」の書き方

[スポンサーリンク]
簡

音訓(読み): カン、ケン[常用外]、ふだ[常用外]、えら(ぶ)[常用外]、つづま(しい)[常用外]

ポイントなど:
たけかんむりに、「間」です。
「簡易(カンイ)」、「簡単(カンタン)」、「簡便(カンベン)」、「書簡(ショカン)」、「簡潔(カンケツ)」

書体による違い
簡易軽便 (かんいけいべん)
簡潔明瞭 (かんけつめいりょう)
簡古素朴 (かんこそぼく)
簡浄素朴 (かんじょうそぼく)
簡素清貧 (かんそせいひん)
簡単明瞭 (かんたんめいりょう)
簡明率直 (かんめいそっちょく)
簡明素朴 (かんめいそぼく)
簡明直截 (かんめいちょくせつ)
簡明扼要 (かんめいやくよう)
山簡倒載 (さんかんとうさい)
残編断簡 (ざんぺんだんかん)
深居簡出 (しんきょかんしゅつ)
青史汗簡 (せいしかんかん)
束皙竹簡 (そくせきちくかん)
太史之簡 (たいしのかん)
断簡残編 (だんかんざんぺん)
断簡零墨 (だんかんれいぼく)
断編残簡 (だんぺんざんかん)
直截簡明 (ちょくせつかんめい)
蕩佚簡易 (とういつかんい)
片簡零墨 (へんかんれいぼく)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>