「臨」の書き方

[スポンサーリンク]
臨

音訓(読み): リン、のぞ(む)

ポイントなど:
「臣」は、縦線から書き始めます。
「君臨(クンリン)」、「臨時(リンジ)」、「臨床(リンショウ)」、「臨海(リンカイ)」、「臨機応変(リンキオウヘン)」、「臨書(リンショ)」、「臨本(リンポン)」、「臨界(リンカイ)」、「臨月(リンゲツ)」、「臨終(リンジュウ)」、「降臨(コウリン)」、「哭臨(コクリン)」、「天孫降臨(テンソンコウリン)」

書体による違い
枉駕来臨 (おうがらいりん)
細心臨摸 (さいしんりんも)
臨淵羨魚 (りんえんせんぎょ)
臨淵之羨 (りんえんのせん)
臨河羨魚 (りんがせんぎょ)
臨機応変 (りんきおうへん)
臨終正念 (りんじゅうしょうねん)
臨寿終時 (りんじゅじゅうじ)
臨戦態勢 (りんせんたいせい)
臨池学書 (りんちがくしょ)
臨池之志 (りんちのこころざし)
臨命終時 (りんみょうしゅうじ)
臨命終時 (りんみょうじゅうじ)
連璧賁臨 (れんぺきひりん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>