「鑑」の書き方

[スポンサーリンク]
鑑

音訓(読み): カン、かんが(みる)、かがみ[常用外]

ポイントなど:
「金」や「臣」の筆順(書き順)がポイントです。
「金」に「監」です。
「鑑賞(カンショウ)」、「鑑定(カンテイ)」、「年鑑(ネンカン)」、「印鑑(インカン)」、「史鑑(シカン)」、「宝鑑(ホウカン)」、「明鑑(メイカン)」、「玄鑑(ゲンカン)」、「精鑑(セイカン)」、「藻鑑(ソウカン)」、「衡鑑(コウカン)」、「識鑑(シキカン)」、「賞鑑(ショウカン)」、「鏡鑑(キョウカン)」、「鑑戒(カンカイ)」、「鑑機(カンキ)」、「鑑許(カンキョ)」、「鑑査(カンサ)」、「鑑札(カンサツ)」、「鑑察(カンサツ)」、「鑑識(カンシキ)」、「鑑達(カンタツ)」、「鑑別(カンベツ)」、「門鑑(モンカン)」、「雅鑑(ガカン)」、「霊鑑(レイカン)」、「風鑑(フウカン)」、「亀鑑(キカン)」

書体による違い
殷鑑不遠 (いんかんふえん)
鑑往知来 (かんおうちらい)
商鑑不遠 (しょうかんふえん)
前車之鑑 (ぜんしゃのかん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>