「垢」の書き方

[スポンサーリンク]
垢

音訓(読み): コウ、ク、あか、よご(れる)、はじ

ポイントなど:
つちへんに、「后」です。
「含垢(ガンコウ)」、「金無垢(キンムク)」、「蓬頭垢面(ホウトウコウメン)」、「歯垢(シコウ)」、「手垢(てあか)」

一徹無垢 (いってつむく)
遠塵離垢 (おんじんりく)
含垢忍辱 (がんこうにんじょく)
含垢忍恥 (がんこうにんち)
含垢納汚 (がんこうのうお)
国君含垢 (こっくんがんこう)
純一無垢 (じゅんいつむく)
純潔無垢 (じゅんけつむく)
純真無垢 (じゅんしんむく)
純粋無垢 (じゅんすいむむく)
塵垢粃糠 (じんこうひこう)
清浄無垢 (せいじょうむく)
洗垢求瘢 (せんこうきゅうはん)
洗垢索瘢 (せんこうさくはん)
蓬頭垢面 (ほうとうこうめん)
蓬髪垢面 (ほうはつこうめん)
無垢清浄 (むくせいじょう)
乱首垢面 (らんしゅこうめん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>