「臥」の書き方

[スポンサーリンク]
臥

音訓(読み): ガ、ふ(す)

ポイントなど:
「臣」は、縦線から書き始めます。
「横臥(オウガ)」、「臥床(ガショウ)」、「起臥(キガ)」、「仰臥(ギョウガ)」、「高臥(コウガ)」、「酔臥(スイガ)」

臥薪嘗胆 (がしんしょうたん)
臥榻之側 (がとうのかたわら)
臥竜鳳雛 (がりゅうほうすう)
臥竜鳳雛 (がりょうほうすう)
行住坐臥 (ぎょうじゅうざが)
行住座臥 (ぎょうじゅうざが)
高臥東山 (こうがとうざん)
高枕安臥 (こうちんあんが)
侯覇臥轍 (こうはがてつ)
孔明臥竜 (こうめいがりゅう)
孔明臥竜 (こうめいがりょう)
坐臥行歩 (ざがこうほ)
常住坐臥 (じょうじゅうざが)
常住座臥 (じょうじゅうざが)
東山高臥 (とうざんこうが)
呑花臥酒 (どんかがしゅ)
日常座臥 (にちじょうざが)
攀轅臥轍 (はんえんがてつ)
風餐雨臥 (ふうさんうが)
竜跳虎臥 (りゅうちょうこが)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>