「毫」の書き方

[スポンサーリンク]
毫

音訓(読み): ゴウ、コウ、ごう(も)、すこし

ポイントなど:
なべぶた、「口」、わかんむり、「毛」です。
「含毫(ガンゴウ)」、「揮毫(キゴウ)」、「秋毫(シュウゴウ)」、「寸毫(スンゴウ)」、「白毫(ビャクゴウ)」、「毫光(ゴウコウ)」、「毫素(ゴウソ)」、「毫端(ゴウタン)」、「毫毛(ゴウモウ)」、「毫釐(ゴウリ)」、「涓毫(ケンゴウ)」

一毫不抜 (いちごうふばつ)
一糸一毫 (いっしいちごう)
毫末遺漏 (ごうまついろう)
毫末之利 (ごうまつのり)
毫毛斧柯 (ごうもうふか)
毫釐千里 (ごうりせんり)
子墨兎毫 (しぼくとごう)
秋毫之末 (しゅうごうのすえ)
明察秋毫 (めいさつしゅうごう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>