「釜」の書き方

[スポンサーリンク]
釜

音訓(読み): かま、フ[常用外]

ポイントなど:
「父」から書きます。
部首は「金」です。
「釡」は同字です。
「塩釜(しおがま)」、「後釜(あとがま)」、「御釜(おかま)」、「在釜(ザイフ)」、「茶釜(ちゃがま)」、「釜中(フチュウ)」
※JIS2004の例示字形変更の対象ですが、一般的な筆写字形である楷書体では違いがありません
●(参考)JIS2004の例示字形変更について


書体による違い
瓦釜雷鳴 (がふらいめい)
三釜之養 (さんぷのよう)
甑塵釜魚 (そうじんふぎょ)
破釜沈船 (はふちんせん)
釜魚甑塵 (ふぎょそうじん)
釜中生魚 (ふちゅうせいぎょ)
釜中之魚 (ふちゅうのうお)
釜底抽薪 (ふていちゅうしん)
釜底游魚 (ふていのゆうぎょ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>