「淒」の書き方

[スポンサーリンク]
淒

音訓(読み): セイ、サイ、すご(む)、さむ(い)、すご(い)、すさ(まじい)

ポイントなど:
さんずいに「妻」です。
「凄」は元来別字ですが、俗字通じて用いられることがあります。
「淒絶(セイゼツ)」、「淒然(セイゼン)」、「淒楚(セイソ)」、「淒風(セイフウ)」、「淒涼(セイリョウ)」、「淒冷(セイレイ)」、「淒淒(セイセイ)」

風雨淒淒 (ふううせいせい)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>