「坐」の書き方

[スポンサーリンク]
坐

音訓(読み): ザ、すわ(る)、い(ながら)、そぞ(ろに)、おわ(す)

ポイントなど:
「人」、「人」、縦、横、横、です。
現代表記では「座」に書き換えられます。
「坐薬(ザヤク)」

塊然独坐 (かいぜんどくざ)
割席分坐 (かっせきぶんざ)
行住坐臥 (ぎょうじゅうざが)
坐臥行歩 (ざがこうほ)
坐作進退 (ざさしんたい)
坐視不救 (ざしふきゅう)
坐食逸飽 (ざしょくいつほう)
坐薪懸胆 (ざしんけんたん)
坐破寒氈 (ざはかんせん)
只管打坐 (しかんたざ)
常住坐臥 (じょうじゅうざが)
稠人広坐 (ちゅうじんこうざ)
跛立箕坐 (はりゅうきざ)
反逆縁坐 (はんぎゃくえんざ)
宥坐之器 (ゆうざのき)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>