「羈」の書き方

[スポンサーリンク]
羈

音訓(読み): キ、おもがい、たづな、たび、つな(ぐ)

ポイントなど:
あみがしらに、「革馬」です。
「係羈(ケイキ)」、「不羈(フキ)」、「羈旅(キリョ)」、「羈絆(キハン)」、「羈束(キソク)」

羈紲之僕 (きせつのぼく)
羈束裁量 (きそくさいりょう)
狷介不羈 (けんかいふき)
曠世不羈 (こうせいふき)
傲慢不羈 (ごうまんふき)
自在不羈 (じざいふき)
人生羈旅 (じんせいきりょ)
独立不羈 (どくりつふき)
百世不羈 (ひゃくせいふき)
不羈自由 (ふきじゆう)
不羈独立 (ふきどくりつ)
不羈之才 (ふきのさい)
不羈不絆 (ふきふはん)
不羈奔放 (ふきほんぽう)
不羈磊落 (ふきらいらく)
放縦不羈 (ほうしょうふき)
放蕩不羈 (ほうとうふき)
奔放不羈 (ほんぽうふき)
磊落不羈 (らいらくふき)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>