日本で一般的に用いられている筆順(書き順)、書き方をアニメーションでわかりやすく紹介、解説しています。

「子」の書き方

筆順(書き順)をアニメーションでわかりやすく紹介、解説しています。
教科書体イメージ、文字分類(学習年度、常用/人名,JIS水準,漢検,画数,部首)、筆順(書き順)アニメーション音訓(読み)、ポイント(解説、熟語、参考情報)、筆書系デザイン書体、四字熟語
[スポンサーリンク]
漢字「子」の教科書体イメージ

文字分類

筆順(書き順)アニメーション

漢字「子」の筆順(書き順)解説アニメーション

[スポンサーリンク]

他の書体など

音訓(読み)

シ ス こ み[常用外] ね[常用外] おとこ[常用外]

ポイントなど

最後の横線をしっかり書きましょう。
「椅子(イス)」、「王子(オウジ)」、「菓子(カシ)」、「格子(コウシ)」、「金子(キンス)」、「原子炉(ゲンシロ)」、「皇太子(コウタイシ)」、「骨子(コッシ)」、「妻子(サイシ)」、「冊子(サッシ)」、「嗣子(シシ)」、「子供(こども)」、「子午線(シゴセン)」、「子守(こもり)」、「子息(シソク)」、「子孫(シソン)」、「子弟(シテイ)」、「子豚(こぶた)」、「子宝(こだから)」、「女子(ジョシ)」、「障子(ショウジ)」、「親子(おやこ)」、「扇子(センス)」、「双子(ふたご)」、「息子(むすこ)」、「駄菓子(ダガシ)」、「男子(ダンシ)」、「嫡子(チャクシ)」、「弟子(デシ)」、「年子(としご)」、「馬子(まご)」、「拍子(ヒョウシ)」、「拍子木(ひょうしぎ)」、「胞子(ホウシ)」、「帽子(ボウシ)」、「末子(バッシ・マッシ)」、「迷子(まいご)」、「様子(ヨウス)」、「養子(ヨウシ)」、「粒子(リュウシ)」、「案山子(かかし)」、「杏子(あんず)」、「団子(ダンご)」、「燕子花(かきつばた)」、「乙子(おとね)」
「十二支(じゅうにし)」:「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥(ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い)」

書体による違い

書体による字形の違いを以下に示します。
左から、ゴシック体、明朝体、教科書体、楷書体、行書体、草書体の一般的な字形です。
漢字「子」の書体比較

筆書系デザイン書体

漢字「子」の闘龍書体画像 漢字「子」の陽炎書体画像 漢字「子」の黒龍書体画像
アニメ「鬼滅の刃」、実写版映画「銀魂」などで採用されている書体(フォント)をご紹介します。

四字熟語

[スポンサーリンク]
2021年4月9日更新 7539文字収録

日本漢字能力検定を受験される方へ

採点基準」をご参照ください。

日本漢字検定協会の参考書

漢検 漢字辞典 第二版
漢検 四字熟語辞典 第二版
漢検要覧 1/準1級対応
漢検要覧 2~10級対応 改訂版
ツイートする。

漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順(書き順)」です。
ここでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。

管理者運営サイト

漢字の正しい書き順(筆順)のFacebookページです。更新情報など。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く