「七」の書き方

[スポンサーリンク]
七

音訓(読み): シチ、なな、なな(つ)、なの、シツ[常用外]

ポイントなど:
横線は、やや左下から右上に向けて書きます。
「四十七士(シジウシチシ)」、「七月目(ななつきめ)」、「七五三(シチゴサン)」、「七日(なのか・なぬか)」、「七福神(シチフクジン)」、「七夕(たなばた)」、「七曜表(シチヨウヒョウ)」、「北斗七星(ホクトシチセイ)」、「七転八倒(シチテンバットウ)」

書体による違い
一饋七起 (いっきしちき)
一死七生 (いっししちしょう)
倚馬七紙 (いばしちし)
有卦七年 (うけしちねん)
過去七仏 (かこしちぶつ)
三汁七菜 (さんじゅうしちさい)
三徴七辟 (さんちょうしちへき)
七擒七縦 (しちきんしちしょう)
七華八裂 (しちけはちれつ)
七死七生 (しちししちしょう)
七嘴八舌 (しちしはちぜつ)
七種菜羹 (しちしゅのさいこう)
七縦七擒 (しちしょうしちきん)
七縦八横 (しちしょうはちおう)
七生報国 (しちしょうほうこく)
七十古稀 (しちじゅうこき)
七重欄盾 (しちじゅうらんじゅん)
七転八起 (しちてんはっき)
七転八倒 (しちてんばっとう)
七難九厄 (しちなんくやく)
七難八苦 (しちなんはっく)
七歩成詩 (しちほせいし)
七歩之才 (しちほのさい)
七歩八叉 (しちほはっさ)
七里結界 (しちりけっかい)
七珍万宝 (しっちんまんぽう)
七転八倒 (しってんばっとう)
七五三縄 (しめなわ)
竹林七賢 (ちくりんしちけん)
竹林七賢 (ちくりんのしちけん)
陳思七歩 (ちんししちほ)
人三化七 (にんさんばけしち)
北斗七星 (ほくとしちせい)
法華七喩 (ほっけしちゆ)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>