「干」の書き方

[スポンサーリンク]
干

音訓(読み): カン、ほ(す)、ひ(る)、たて[常用外]、おか(す)[常用外]、もと(める)[常用外]、かか(わる)[常用外]

ポイントなど:
「二」に、縦線です。
「干潟(ヒガタ)」、「干渉(カンショウ)」、「干潮(カンチョウ)」、「干物(ひもの)」、「若干(ジャッカン)」、「欄干(ランカン)」、「干害(カンガイ)」、「干満(カンマン)」、「干戈(カンカ)」、「干魃(カンバツ)」、「梅干(うめぼし)」

書体による違い
干雲蔽日 (かんうんへいじつ)
干戈弓馬 (かんかきゅうば)
干戈倥偬 (かんかこうそう)
干戈騒乱 (かんかそうらん)
干戈不息 (かんかふそく)
干将莫邪 (かんしょうばくや)
干名采誉 (かんめいさいよ)
倒載干戈 (とうさいかんか)
倒置干戈 (とうちかんか)
内政干渉 (ないせいかいしょう)
竜逢比干 (りゅうほうひかん)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>