「月」の書き方

[スポンサーリンク]
月

音訓(読み): ゲツ、ガツ、つき

ポイントなど:
横線の間隔を揃えると、きれいに書けます。
「一月目(ひとつきめ)」、「隔月(カクゲツ)」、「九月(クガツ)」、「月給(ゲッキュウ)」、「月見(つきみ)」、「月賦(ゲップ)」、「月夜(つきよ)」、「月曜(ゲツヨウ)」、「月曜日(げつようび)」、「五月(さつき)」、「五月雨(さみだれ)」、「再来月(サライゲツ)」、「歳月(サイゲツ)」、「三日月(みかづき)」、「四月目(よつきめ)」、「七月目(ななつきめ)」、「十二月(ジュウニガツ)」、「正月(ショウガツ)」、「八月(ハチガツ)」、「満月(マンゲツ)」、「蜜月(ミツゲツ)」、「明月(メイゲツ)」、「六月(ロクガツ)」、「六月目(むつきめ)」、「月食(ゲッショク)」、「月影(つきかげ)」、「月桂(ゲッケイ)」、「月経(ゲッケイ)」、「更月(きさらぎ)」、「如月(きさらぎ)」、「月代(つきしろ、さかやき)」、「海月(くらげ)」

書体による違い
愛月撤灯 (あいげつてっとう)
一月三舟 (いちがつさんしゅう)
一月三舟 (いちげつさんしゅう)
一竿風月 (いっかんのふうげつ)
一竿風月 (いっかんふうげつ)
雲心月性 (うんしんげっせい)
雲壌月鼈 (うんじょうげつべつ)
咏月嘲風 (えいげつちょうふう)
煙雲月露 (えんうんげつろ)
猿猴取月 (えんこうしゅげつ)
猿猴捉月 (えんこうそくげつ)
屋梁落月 (おくりょうらくげつ)
海中撈月 (かいちゅうろうげつ)
海底撈月 (かいていろうげつ)
花晨月夕 (かしんげっせき)
嘉辰令月 (かしんれいげつ)
花朝月夕 (かちょうげっせき)
花朝月夜 (かちょうげつや)
花鳥月露 (かちょうげつろ)
窮年累月 (きゅうねんるいげつ)
鏡花水月 (きょうかすいげつ)
許劭月旦 (きょしょうげったん)
吟風咏月 (ぎんぷうえいげつ)
吟風弄月 (ぎんぷうろうげつ)
空梁月落 (くうりょうげつらく)
月下推敲 (げっかすいこう)
月下氷人 (げっかひょうじん)
月下老人 (げっかろうじん)
月卿雲客 (げっけいうんかく)
月旦春秋 (げったんしゅんじゅう)
月中蟾蜍 (げっちゅうのせんじょ)
月白風清 (げっぱくふうせい)
月鼈雲泥 (げつべつうんでい)
皓月千里 (こうげつせんり)
光風霽月 (こうふうせいげつ)
光風霽月 (こうふつせいげつ)
孤城落月 (こじょうらくげつ)
呉牛喘月 (ごぎゅうぜんげつ)
歳月不待 (さいげつふたい)
三月庭訓 (さんがつていきん)
羞花閉月 (しゅうかへいげつ)
羞月閉花 (しゅうげつへいか)
春花秋月 (しゅんかしゅうげつ)
祥月命日 (しょうつきめいにち)
松風水月 (しょうふうすいげつ)
嘯風弄月 (しょうふうろうげつ)
日月自明 (じつげつじめい)
日月星辰 (じつげつせいしん)
日月逾邁 (じつげつゆまい)
人物月旦 (じんぶつげったん)
水月鏡花 (すいげつきょうか)
水月鏡像 (すいげつきょうぞう)
水中捉月 (すいちゅうそくげつ)
水中撈月 (すいちょうろうげつ)
晴雲秋月 (せいうんしゅうげつ)
清風明月 (せいふうめいげつ)
清風朗月 (せいふうろうげつ)
積年累月 (せきねんるいげつ)
雪月風花 (せつげつふうか)
舌端月旦 (ぜったんげったん)
大月小月 (たいげつしょうげつ)
戴月披星 (たいげつひせい)
中秋玩月 (ちゅうしゅうがんげつ)
中秋名月 (ちゅうしゅうのめいげつ)
中秋無月 (ちゅうしゅうむげつ)
嘲風詠月 (ちょうふうえいげつ)
嘲風弄月 (ちょうふうろうげつ)
停雲落月 (ていうんらくげつ)
冬月赤足 (とうげつせきそく)
日月星辰 (にちげつせいしん)
日陵月替 (にちりょうげったい)
日居月諸 (にっきょげっしょ)
日就月将 (にっしゅうげっしょう)
日新月異 (にっしんげつい)
日省月課 (にっせいげっか)
日省月試 (にっせいげっし)
年災月殃 (ねんさいげつおう)
年災月厄 (ねんさいげつやく)
年頭月尾 (ねんとうげつび)
披星戴月 (ひせいたいげつ)
披星帯月 (ひせいたいげつ)
氷壺秋月 (ひょうこしゅうげつ)
風雲月露 (ふううんげつろ)
風花雪月 (ふうかせつげつ)
風月無辺 (ふうげつむへん)
風光霽月 (ふうこうせいげつ)
風清月白 (ふうせいげっぱく)
閉月羞花 (へいげつしゅうか)
抹月批風 (まつげつひふう)
三月庭訓 (みつきていきん)
明月清樽 (めいげつせいそん)
明月之珠 (めいげつのしゅ)
明月之珠 (めいげつのたま)
名声日月 (めいせいじつげつ)
落月屋梁 (らくげつおくりょう)
[スポンサーリンク]
漢字は、筆画(点・横棒・縦棒など)を組み合わせて造られています。この筆画を組み合わせていく順序が「筆順」です。(分かりやすく「書き順」と呼ばれることもあります)
このホームページでは、日本において一般に通用している「筆順(書き順)」をアニメーションを使って紹介しています。
※ 日本漢字能力検定を受験される方は、「採点基準」をご参照ください。
関連キーワード: 漢字,書き方,筆順,書き順,読み,熟語,ひらがな,カタカナ,書く
累計
本日
昨日
管理者推薦
 <<    >>